メリットとデメリット|求人サイトで家庭教師のアルバイトを探している方へ

メリットとデメリット

書類を見ている女性

家庭教師をやる時に、ほぼその全員が使っているであろうものが家庭教師専用の求人サイトです。
バイトを見つけるには実に効率的で、登録しておいてしばらく待っているだけで仕事が見つかります。

そんな家庭教師ですが、実際の仕事内容にはもちろんメリットとデメリットがあります。
メリットは、接客業の分類に入るにもかかわらず、対応するクレーマーが少ないということです。
老若男女に対応する店員などは、バイトであれ理不尽なことを言われることもあります。しかし、家庭教師は子どもとその親とのかかわりのみ。良い人であればストレスフリーのバイトです。

デメリットは、その良い人であるかどうかが求人サイトではわからないことです。文面だけを見れば良さそうな人も、行ってみて実際に会ってみると怖い人かもしれません。子どもの成績が上がらないと、あなたのせいではなくても解雇される可能性もなくはありません。
このことを考えると、やはりネットでのやりとりだけではわからないことが出てきます。

ちなみに経験則ですが、家庭教師のバイトは大学生だからと言って無碍にされることはありません。
社会人が良いという人もいますが、学生だからこそ今時の受験勉強の仕方がわかっていると捉えられたり、ブランクがないことから教えるのが上手いと思ってくれる人もいます。
できるだけ求人サイト内でコミュニケーションを取り、相手の出方をうかがいましょう。それによって、どんな人物を求めているかが少しわかればこちらの出方も変えられます。